針金とツリーの飾りでキラキラクリスマスリースを作ろう!

針金にボーブルを通して、リボンで飾るだけ

あっという間に作れるかんたんキラキラゴージャスなクリスマスリース

手作りのリース作りというと少々ハードルが高い印象ですが、針金とクリスマスツリーの丸い玉の飾りですごく簡単にキラキラのリースが作れます。植物を使った伝統的なリースとはちょっと違いますが、これはこれでなかなか雰囲気があっていいですよ!

用意するもの

  1. 針金
  2. ボーブル(ツリーの飾りの丸い玉)
  3. ニッパー
  4. 大きめのリボン

ところツリーの丸い玉ですが、あれはボーブル(bauble) と呼び、元々はリンゴを飾り付けていたものが簡易なものに置き換えられてコレになったようです。というわけで以下ボーブルと呼びます。

ボーブルの品質

年末になるといろんなところでボーブルを売ってますが、今回は結構数を使うのでやはり一番安いのは100円ショップかなーと思います。が、品質はかなり微妙…。目立つところとしては、金具がすぐとれる、塗装が適当、特にラメ系のものはデコボコしているものも多いです。

動画でますたぁどちゃんが「ぐろーがん使わない?」って言ってる箇所がありますが、壊れたボーブルを「グルーガン」使って直す?という会話です。面倒なので諦めて他のを使いました…

針金はしっかりしたものを

針金はリースの芯になるのでしっかりしたものが必要です。今回使用したのは1.2mm(#18)のもの。丈夫なのが重要ですが、ボーブルの穴に通らないと困るので、その辺はしっかりチェックしてください。

制作のポイント

針金にボーブルを通すだけの簡単工作なので、コツが必要な難しい箇所はありません。

ちょっとしたポイントとして、100円ショプのボーブルは簡単に崩壊するので優しくね、というのがまず一つ。

もう一つは最後にねじって固定するのに、うっかり一方の針金にもう一方の針金を巻きつける、というやり方をしてしまうと取れちゃいます。両端ともネジネジと曲げながら巻きつけてください。

最後のリボンは針金が隠れさえすればOKなので、ホチキスで留めるなりグルーガンで留めるなりご自由に!

PAGETOP